熊本大学大学院生命科学研究部(医学系)生体機能薬理学分野



 
熊本大学

熊本大学大学院生命科学研究部



トップページ > 教授挨拶   

教授挨拶


熊本大学大学院生命科学研究部(医学系)
生体機能薬理学分野 教授
 
光山 勝慶(みつやま しょうけい)
 

  平成16年2月1日付けで熊本大学大学院医学薬学研究部(医学系)生体機能薬理学分野教授として赴任し、医学研究、医学教育に鋭意努力してきました。光陰矢の如しでそれから14年が経過しました。その間、主に高血圧、心臓疾患、動脈硬化、腎臓疾患、脳卒中、アルツハイマー病の成因・病態の解明や治療法の開発をテーマに研究・教育をおこなってきました。これらの成果を国際的にレベルの高い多くの学術雑誌に発表することができました。また、元々、内科医師からスタートした背景があり、基礎研究をしながら常々、患者さんに役立てる研究をしたいと考えていました。そこで、高血圧患者を対象としたランダム化介入研究を他施設の先生方と共同で行い、高血圧治療法に関するいくつかの新しい知見を得ることができました。これらの臨床研究で得られた知見は、内科学、腎臓病学、循環器病分野の国際学術誌に掲載され、高血圧治療ガイドラインや腎臓学会診療ガイドでも引用されており、貴重な日本人のエビデンスに位置づけられています。教育面では、本教室の大学院で研究指導した方々の多くが、リサーチマインドを持った臨床医として現在、大学病院等で活躍しており、大変嬉しい限りです。
 
  一方、反省しなければいけない点や、まだまだやり残した課題が多くあります。残された期間で精一杯新しい課題に挑戦し、臨床に役立つ医学研究、リサーチマインドを持った医師の養成に尽力したいと考えています。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


主な略歴    
昭和57年大阪市立大学医学部卒業後、大阪市立大学付属病院第一内科研修医として内科医師からスタートし、大阪市立大学医学部薬理学の助手、講師、助教授を経て平成16年2月1日熊本大学大学院医学薬学研究部(医学系)生体機能薬理学(医学部薬理学第二)教授に就任。平成22年1月1日から現職(改組により名称変更)

歴任した主な学術活動    
日本循環器学会(理事)
日本循環器学会高血圧/動脈硬化部会長
第113回日本循環器学会九州地方会会長
日本高血圧学会(理事)
高血圧治療ガイドライン2014執筆委員
脳心血管抗加齢研究会2012会長
第2回日本血管性認知障害研究会(現日本脳血管・認知症学会)会長
Hypertension Research (Editor-in-Chief)

現在の主な学術活動    
日本循環制御医学会(理事)
日本脳血管・認知症学会(理事)
Fellow of American Heart Association
Fellow of the European Society of Cardiology
Journal of Alzheimer’s Disease (Associate Editor)
Cardiovascular Diabetology (Editorial Board)
Circulation Journal (Editorial Board)
日本動脈硬化学会, 日本抗加齢医学会等, 多数の学会評議員

このページのトップへ このページのトップへ